多重債務だけれどどうしてもお金が必要!新規でお金を借りることはできるの?

冠婚葬祭や期限の差し迫った払込など、早くお金を用意しなくてはいけないというケースには、消費者金融などで金融業者でお金を借りるのが、一番スムーズな方法です。
多くの業者で即日融資のサービスが行われていますし、差し迫った事態には頼りになってくれます。

 

ただもちろん、融資を受けるためには審査を経なければいけません。

 

そのとき大きなポイントとなるのが「返済能力があるかどうか」ということですが、特に「複数の業者から現在進行形で借入を行っている場合」には審査の通過が厳しくなる傾向にあります。

 

とはいっても、複数の借入を抱えている、いわゆる多重債務の状況であっても必ずしも審査に通らないというわけでもありません。

 

多重債務の状態であっても返済能力があるとみなされれば、借り入れることは可能なのです。

 

そのためにはパートやアルバイトといった就業形態でも収入を得ている状況で、借入希望額も必要最低限の少額に抑えておくと、審査をクリアできる可能性は高くなるでしょう。

 

参考:アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準

 

気をつけておきたいのは貸金業法で定められている総量規制で、この規制の定めにより消費者金融からの借入の場合には年収の3分の1を超える金額を借りることができません。

 

たとえ一社からの借入だけでも借入希望額を加えると年収の3分の1を超える場合には、新たに借りることができないということです。

 

そういったときには総量規制の対象外である銀行のカードローンを利用する、というのもひとつの手段ではありますが、昨今の情勢により審査が厳しくなり、特に複数借入を抱えている場合では審査に通るのは難しくなっています。
利用するにあたっては、条件をよく確認して慎重に行動すべきです。

 

参考:総量規制対象外・例外と対象になるカードローンの違いとは

 

また別の方法としては、自治体の社会福祉協議会が窓口になっている「生活福祉資金貸付制度」を利用するという方法もあります。

 

これは生活に困窮している人々に対して低金利で貸し出しを行っている公的支援制度です。
実際にその窓口を訪れ、細かな条件を満たす必要はありますが、条件に適えば消費者金融よりも低い金利で利用でき、生活の助けとなってくれるでしょう。

 

参考:生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法

 

多重債務の貴方が借入を申し込む前に・注意しておくべきこと、避けるべきこととは

 

「増枠申請」という手段の検討も一手

もし今利用しているローンで延滞など起こしたことがないのであれば、新たにローンを申し込むのではなく、融資額の上限をあげる増枠の申請を行って、お金を融通するという方法もあります。

 

同時に利用するローンの数を増やすよりも対外的な印象も良いですし、返済日や金利も同一ですので、自己管理のしやすさが見込める点も利点です。

 

増枠にあたっては審査がありますので、すでに複数の借入を抱えている状態では必ずしも申請が通るとも言い切れませんが、事前に借入先へ連絡を行って増枠可能かをあらかじめ確認してみると良いでしょう。

 

参考:2社目、3社目を新規でお金を借りる?増額で融資枠を増やす?どっちがメリットあるのか

 

 

3社以上からの借入の場合には非常に厳しいが…

既に3社以上から借入を行っている場合には、新たな借入の審査に通るのは難しいといわれています。

 

同時に複数の借入を抱えている状況というのは、金融業者側からみれば大きなリスクだととらえられるためです。

 

このときには消費者金融や銀行などいずれの業者に駄目元で当たるのではなく、先に書いたような支援制度を利用するなどの方法を考えたほうが賢明です。

 

申込履歴そのものが半年ほどはクレジットヒストリーに残るため、また別のところへ時間をおかずに申し込むと「審査落ち」の事実まで明らかになり、審査において大きな不利になってしまうためです。

 

こういったときにはローンの申込は諦め、先に書いたような公的支援などでお金を融通するなどを考えたほうが良いでしょう。

 

ただ間違っても、いわゆる闇金業者との取引は行ってはいけません。

 

その一瞬だけお金を得られて助かったと感じられたとしても、そのあとは法外な利息の返済にも苦慮し、みるみる生活が立ち行かなくなるだけです。

 

参考:闇金でお金を借りる方法(騙されないための基礎知識)

 

 

おまとめローンで一本化させると新規の借入と返済計画の立て直しに役立つ!

複数の借入を抱えているなら、目線を変えておまとめローンへ借り換える、という方法があります。

 

ローンそれぞれによって金利や返済日、返済方法も異なってくるため、どうしてもそれぞれを詳細に把握することがわずらわしくなりがちです。
そうなるとうっかり返済日を忘れたり、返済期日までにお金を用意できなかった、といった事態にもつながってきてしまいます。

 

そういったややこしさを解消するのにもおまとめローンはうってつけです。

 

金利や返済日が一本化されますから、借入状況をしっかりと把握しやすくなり、返済計画を立てやすくもしてくれることでしょう。

 

そして、借り入れているローンの数がひとつになることから、新たなローンの借入の審査も通る可能性が高くなります。

 

事前におまとめローンで複数の借入をひとつにまとめたのちに新規に借入を申し込むという手段をとり、審査においてデメリットをあらかじめ減らしておくというわけです。

 

参考:【おまとめローン】借りすぎたお金を一本化し計画的に返済しよう

 

それでも借りられない・そんな場合には債務整理へ切り替えて仕切りなおそう!

これまでの方法でもお金が借りられなかったり、複数の借入の返済がどうにもならなそうだ、と感じたなら、債務整理を行う決断も選択肢のひとつとなります。

 

債務整理とは、多くは弁護士事務所などの専門家に間に入ってもらって借入先との交渉を行い、借入残額=債務の減額や免除等での事態の打開を図っていくものです。

 

債務整理には借入残額の利息分をカットするなどして減額を行い、返済計画を立て直す「任意整理」、債務すべてを放棄する「自己破産」などの種類があり、債務者本人と弁護士、借入先と交渉によりいずれかの選択を行います。

 

いずれの選択においても社会的なリスクは伴い、簡単に新しくクレジットカードを作成したりローンを申し込んだり、といったことはしばらくできなくなるなどデメリットはあります。

 

ただ、このままでは返済がままならず、遅延損害金が発生しそうだ、してしまった、といった状況にまで事態が深刻化したならば、人生をリスタートさせるためには取らざるを得ない選択肢であるのも確かです。

 

結論をその場で出す必要はありませんから、返済を苦しく感じ出したら弁護士事務所や市役所などが提供している相談サービスに話を持ちかけ、第三者の指示を仰いだほうが適切な判断を導き出せるはずです。

 

債務整理は人生において多くの影響を与える決断になります。
けれど、その決断によってまた新たな人生のスタートを切れるようになるのです。

 

多重債務の問題の多くは、事態がどうにもならないところへ追い込まれるギリギリのときまで、その悩みを個人がひとり抱えつづけていたことに起因しています。

 

借入を新たに行って乗り切れるのか、それとももう一度リスタートをきったほうが良いのか。
その判断、タイミングを見誤らないように心がけて、お金で人生を棒に振らないように慎重に行動するようにしましょう。

 

多重債務ならおまとめローンができるこの消費者金融3社

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


多重債務でもお金を借りる方法とは?

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


多重債務でもお金を借りる方法とは?

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

多重債務でもお金を借りる方法とは?

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


多重債務でもお金を借りる方法とは?


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら