生活サポート基金が提供する生活再生ローンでお金を借りる条件とは?

 

この生活サポート基金が提供している個人向けのローン、「生活再生ローン」は消費者金融からの借入など各種ローンの返済や滞納金、または一般的な生活資金として使うことのできるローンです。

 

利用するためには予約をしたうえで、必ず面談を行う必要があります。
面談では、なぜ貸付が必要なのか、家計の状況に問題はないのか、どう返済計画を立てていくのかを本人と基金側がしっかりと確認が行われます。
双方が納得しあえて初めて、ローンの申込を行うことができるようになります。

 

生活再生ローンの融資条件は以下のとおり

返済期間は最大120か月・120回まで、金利は最大12.5%とされ、貸付限度額は特に定められていません。
ただし貸金業法の総量規制を受けるため、年収の三分の一を超える金額を借りることはできません。

 

つまり無収入の人はそもそもこのローンを利用することはできません。

 

また、連帯保証人が原則として必要になるのも一般的なローンとは違う点のひとつです。
もし、売却できる不動産がある場合にはその不動産を担保とした不動産担保ローンの利用が可能です。
こちらの場合は金利が9.5%までと優遇されており、保証人も原則として不要となっています。

 

返済期間は12か月までとなり、貸付限度額はこちらも設定はありません。
申込時には運転免許証などの本人確認書類、連帯保証人の証明書類、源泉徴収票などの収入証明書が必要になります。
貸付にあたっては金融業者同様に申込内容、提出書類をもとに審査が行われ、問題ないとされれば契約成立となります。

 

生活再生ローンは通常のキャッシングやローンとはどう違う?

生活再生ローンという名前が示すとおり、このローンの目的はあくまで生活の再生を促すためにお金を貸すというものです。
そのため、貸付により生活環境が改善されていっているのか、返済がきちんと行われているのかといったサポートは契約後、返済期間中もつづけて行われます。

 

こういった契約後も利用者へ寄り添う姿勢を持っていることこそが生活サポート基金の最たる特徴です。
また、通常の消費者金融などの金融業者では、他のローンで延滞していたなど「ブラックリスト」に載っている状況では借入の申し込みははほぼ門前払いされますが、生活サポート基金の場合には回収の見込みがあるなどの一定の条件がクリアされれば貸付が行われることもあります。
ですので、どこの金融業者からも借りられないけれどお金をどうしても必要としている場合にも頼りになる存在でもあるのです。

 

そして審査落ちしてしまった場合でも、それで終わりではなく、「ではこれからどうすればよいのか」について一緒に支援、相談を行ってもらえます。
借金の返済に苦しんでいるのなら任意整理や自己破産といった債務整理の手段を提案したり、提携組織を紹介したり、といったサポートを受けることが可能です。

 

生活サポート基金の掲げる利用者支援の考え方とは

経済的に苦しんだときにキャッシングやローンを申し込み、ところが返済がうまく立ち行かず、多重債務を背負ってしまった…などという借金にまつわる問題はまだ数多く起こっています。
その原因には審査をきちんと行わずに貸付を行っていたという貸付側の問題もあれば、借り入れた側が契約後に収入が減少したりやむをえない支出が増えた、といった事情も影響していることもあり、個人それぞれによって違うものです。

 

それらの個々の事情をつまびらかにして、問題を一緒に解決していこうというコンセプトが生活サポート基金の在り方です。

 

お金がないという苦しみは、日々の生活そのものを辛いものにしてしまいますし、身近な人に相談するということも実際問題としてなかなか難しいものです。
また、お金そのものは条件をクリアすれば貸してくれるところはありますが、相談相手とはなってくれません。

 

この経済的な問題と心理的なケア、両方の役目を果たそうとする生活サポート基金は、今までの組織にない新しい角度でお金の問題を抱える多くの人びとを救う存在となってくれるでしょう。

 

今日必要なら即日融資でお金を借りる

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら

関連ページ

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法
保険を解約すれば解約返戻金が受け取れることはご存知のとおりですが、解約返戻金を担保にお金を借りることができるのを知っていますか?今回は契約者貸付制度について解説していきます。
定期預金担保貸付でお金を借りる方法
お金に問題を抱え、定期預金も泣く泣く解約する方が非常に多いですが、解約せずに定期預金を担保としてお金を借りることができるのです。この定期預金担保貸付について解説します。
社内(従業員)貸付制度でお金を借りる方法
自分が勤める会社の福利厚生に社内(従業員)貸付制度がないか確認してみるのも、低金利にお金を借りる手段の1つです。会社によってまちまちですが大抵の場合銀行よりも低金利です。
共済組合による貸付でお金を借りる方法
身近な人(親・親戚・友人)からお金を借りる方法
身近な人からお金を借りるのは簡単に見えて非常に難しい問題をはらみます。そんなトラブルや問題を割けるための対策なども解説しますが、できるだけ金融機関等から借りることをおすすめします。