オリックス銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

誰でもお金を借りたくなることってありますよね。

 

しかし、どのようにしてお金を借りればいいのだろう、と悩むかもしれません。
消費者金融・銀行・信販会社、さまざまところでキャッシングはできますが、今回のページではオリックス銀行カードローンに注目してみました。
一度にたくさんの貸金業者を紹介されても混乱してしまいますので、あえて一社に絞って徹底解説することで、メリット・デメリットもわかりやすくなります。

 

それでは、オリックス銀行でお金を借りる方法を、わかりやすく説明していきますね。

 

参考:銀行でお金を借りる方法

 

オリックス銀行でお金を借りる?申込条件はどうなってるの?

まずはオリックス銀行カードローンを利用できる人に該当していなければ、審査に申し込みすることすらできません。

 

以下に、申込条件を記しましたので、自身は大丈夫か確認してみてくださいね。

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 原則、毎月安定した収入のある方
  • 日本国内に在住の方(永住者または特別永住者の方)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

上に書いた条件に合致しない人は、残念ながら審査に通ることはありません。
この条件は他社と比較してみたところ、特に差はないでしょう。

 

一部の金融機関では、年収や雇用形態に制限を加えていることがありますが、オリックス銀行では、安定した収入を得ていれば大丈夫です。

 

また、カードローン会社のいう「安定した収入」とは、決して高所得者を対象にしているわけではありません。
アルバイト・パートタイマーでも条件は満たしていますので、審査に申し込みすれば通る可能性は充分あるでしょう。
そもそもアルバイト・パートタイマーの方を審査に通すつもりがなければ、先に説明したように年収や雇用形態に制限を加えて拒絶しているはずです。

 

したがって、オリックス銀行カードローンはごく一般的な申込条件を採用しています。

 

オリックス銀行のカードローンの最高限度額は何円?金利は下限金利と上限金利にも着目!

オリックス銀行カードローンの最高限度額は、800万円です。
事業性資金を除けば、生活費に使っても娯楽費に使っても問題はありません。

 

800万円あれば大半のことは事足りるのではないでしょうか。
また、他のカードローン会社と比べても決して低い金額ではなく、余裕のある限度額に設定してくれています。

 

しかし、勘違いしないで欲しいことは、誰でも希望すれば800万円の融資をしてくれるわけではありません。
オリックス銀行の審査に申し込みした人の、年収やその他属性を総合的に判断した結果、ボーダーラインをクリアしていれば、融資を受けることができるでしょう。
ただ、基本的に最初から最高限度額を貸付してくれることはありません。
最初は少額から始まって付き合いが長くなるにつれて「この人ならきちんと返済してくれえるだろう」と判断してくれて、ようやく限度額がアップしていくことが多いです。

 

また、オリックス銀行の限度額の設定単位は10万円で、審査に通るまでは確実な限度額を教えてくれることはないでしょう。

 

参考として、消費者金融は貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の融資はできません。
つまり、年収300万円の人は最高でも100万円しか借りられないのです。
最近は銀行系カードローンに対して金融庁が指導を強めている背景もあり、限度額はそのくらいになると考えておくほうが無難でしょう。

 

そして、貸出金額は1,000円以上1,000円単位です。
多くの金融機関は貸出金額を10,000円単位にしていますので、ほんの少額だけ借りたいときも助かるのではないでしょうか。

 

オリックス銀行の金利は低い?

銀行系カードローンを利用しようと考えている人は、低金利に魅力を感じている方が多いのではないでしょうか。
というのも、一般的に消費者金融よりも銀行のほうが金利は低く設定されているケースが多いため、顧客になる理由のひとつに当てはまるでしょう。

 

オリックス銀行カードローンの金利は、年利1.7%〜17.8%です。

 

これまでカードローンを利用したことのない方は、どうして金利の率が違いのだろうと思ったかもしれません。
法律で決められた範囲内であれば金利は金融機関が自由に決めて構わないため、このような下限金利〜上限金利を採用しているところが多いのです。

 

そして、オリックス銀行は利用限度額に応じて金利を決定しています。
限度額が高いほど金利は低くなるというメリットがあります。
以下に、利用限度額と金利の対照表を用意しましたので、確認してみてください。

利用限度額 借入利率(年)
700万円超800万円以下 1.7%〜4.8%
500万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
300万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
150万円超300万円以下 5.0%〜12.8%
100万円超150万円以下 6.0%〜14.8%
100万円未満 12.0%〜17.8%

利用限度額にせよ金利にせよ、結局はオリックス銀行で決めることなので、審査に通るまでは楽しみにしているしかないでしょう。

 

また、遅延損害金は借入残高に対し借入利率+2.1%(年率)と設定されています。
余計なお金を支払う必要性がでてくるので、約定返済日には送れないようにしましょう。

 

オリックス銀行カードローンの返済方法について詳しく説明!

オリックス銀行カードローンは、毎月10日または月末日のどちらかが約定返済日です。

 

約定返済日に遅れてしまうと、さまざまなペナルティがありますので、注意しましょう。
具体的には、遅延損害金が発生したり信用情報機関に履歴が残ったりして、将来的にデメリットになることばかりです。

 

自身の給与支給日などと相談しながら、約定返済日を決めるようにしましょう。

 

返済方式は、残高スライドリボルビング方式を採用しています。
残高スライドリボルビング方式とは、借入残高に応じて最低返済額が決まるシステム。
カンタンに言えば、借りたお金が小さければ小さいほど最低返済額は少なく、借りれたお金が大きければ大きいほど最低返済額は増える仕組みになっています。

 

それでは、オリックス銀行の借入残高と最低返済額を示した表を用意しましたので、確認してみてくださいね。

借入残高 毎月の最低返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

あくまで上記の表に示した金額は最低返済額なので、より多くのお金を返す繰り上げ返済をすることもできます。
繰り上げ返済を積極的に活用すれば借金を早く減らせるメリットがあります。
しかし、無理に返済をして再び借りたり他社で借りたりすれば本末転倒ですから、その点は注意しなければなりません。

 

オリックス銀行カードローンの申し込み〜融資までの流れを徹底解説!

オリックス銀行カードローンは、パソコン・スマホ・携帯電話で、ウェブにアクセスすれば24時間申し込みできます。
申し込みフォームの必要事項に入力すると、登録したメールアドレスに受付メールが送られてきます。
それから、オリックス銀行と保証会社で申込者の審査が行われ、勤務先に在籍確認や本人確認の電話連絡があります。
次に本人確認書類や収入証明書類といった必要書類を専用URLにアップロード。
ここまで問題なければ無事に審査は通過、専用ローンカードを発行してくれます。
あとは最寄りの提携ATMに専用ローンカードを挿入し、利用限度額内であればお金を借りることができます。

 

以上がオリックス銀行カードローンで審査に申し込みしてから融資を受けるまでの大まかな流れですが、ひっかかったところがあるかもしれません。

 

たとえば、勤務先の在籍確認です。
職場の人にカードローンの審査を受けていることがバレるのではないだろうか、と不安になってしまったかもしれませんね。
しかし、普通は個人名でかけてくるまたは銀行名を伝えるだけで、決してカードローンの審査ということを口にすることはありませんので、安心しましょう。

 

カードローンの審査についてはこちらの記事を参考に

 

オリックス銀行カードローンで提出する書類

オリックス銀行カードローンでは、本人確認書類と所得証明書類の提出が必要です。

 

提出できる本人確認書類

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 日本政府発行のパスポート(顔写真入りのページと所持人記入欄《氏名・住所》のページを提出)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

 

提出できる所得証明書類

給与所得者

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書(付表含む)

個人事業主、会社経営者

  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書(付表含む)

提出書類をアップロードするときは、画像から書面が切れていたり、不鮮明だったりするものは、利用しないようにしましょう。

 

オリックス銀行のメリット・注意点はここにある!

以上に説明してきましたように、オリックス銀行でもお金を借りることができます。

 

審査申込条件も特に難しい内容ではありませんし、限度額も充分な金額になっているのではないでしょうか。
上限金利に関しては、そこまで低いわけではありませんが、限度額に応じて金利が変わるので、わかりやすく感じるかもしれませんね。
なにより、インターネットに接続できる環境であれば、いつでも審査に申し込みできる点は、仕事などで平日の日中に時間がとれない人にとっては、利用しやすいでしょう。

 

他にもさまざまなカードローンはありますが、オリックス銀行に興味を持った人は、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行は大人のカードローンとして30代以上の男性に人気のカードローンです。
それは金利スペックにも現れており、大きく借りれば借りるほど他の銀行以上の低金利を受けられるというもの。

 

ただし、少額の申込みにはあまり向いておらず、100万円以下の場合17.8%と消費者金融と変わらない金利となってしまうので、やはりある程度大きな金額を借りる目的で使うカードローンと言えるでしょう。

 

また、ネット銀行ですが提携ATMは全国に99,000台以上あり、借入でも返済でも手数料がかからないのはかなり魅力的です!

 

オリックス銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】  オリックス銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

 

今日借りたいあなたは即日融資可能な消費者金融

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アコムの審査や借り入れについての詳細はこちら

アコムの評判・口コミについて詳しく調べるならこちら

女性専用のアコム働く女性のカードローンの詳細はこちら

即日発行も可能なアコムのクレジットカードACマスターカードの詳細はこちら


オリックス銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アイフルの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のアイフル「SuLaLi(スラリ)」の詳細はこちら

アイフルの口コミ・評判について詳しく調べるならこちら


オリックス銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

プロミス

オリックス銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


プロミスの審査・借り入れについての詳細はこちら

女性専用のプロミスレディースローンの詳細はこちら

プロミスの口コミ・評判を詳しく調べるならこちら


オリックス銀行でお金を借りる方法【審査から借入れ、返済までの流れ】


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース