年金生活中だけどまとまったお金が必要…そんな時は年金担保貸付!

 

年金担保貸付の使い道は、生活費から住宅の改修、債務の一括整理まで広範囲にわたります。
借りたお金の使途がギャンブル、公序良俗に反すること、借主の利益に明らかに反すること以外であれば、資金使途の制限はありません。

 

利用資格は申込み時点で厚生年金、国民年金、船員保険年金、労災年金を受け取っている方です。

 

担保となる年金を受給していなければ年金担保貸付を利用できないため、受給開始前の方は対象外となります。
また、生活保護を受けている方はこの制度を利用することはできません。

 

次に借入限度額ですが、10万円〜200万円までの間で1万円単位で設定できます。
ただし、誰でも希望すれば満額申し込めるわけではなく、以下のような条件も設けられています。

  • 受給している年金額の0.8倍以内
  • 1回あたりの返済額の15倍以内

無理なく返済ができるように、これらの条件を全て満たした金額の範囲内で申込みをする必要があります。
ただし、生活資金として借入れる場合は限度額は80万円までとなっています。

 

年金担保貸付は毎月確実に受給される年金を担保にしているため、返済財源が確保されており、貸す側もリスクが少ない融資と言えます。
そのため、年金担保融資2.1%、労災年金担保融資1.4%(平成29年9月1日現在)と非常に低金利で貸出が行われています。
一般的なカードローンと比べると金利負担も少なく、高額な支払利息に悩むといった心配もありません。

 

返済期間は元金を概ね2年6ヶ月以内に返済できる額で設定します。
1回あたりの定額返済額は下限が1万円、上限は年金支給額の3分の1です。
自分で定額返済額を設定することはできますが、無理のない範囲内での返済額を設定するようにしましょう。

 

年金担保貸付の申込み方法と審査の流れ

年金担保貸付は独立行政法人福祉医療機構が行なっている事業ですが、実際の借入手続きなどの業務は金融機関へ委託しています。
年金を受け取っている銀行、信用金庫等の店舗でなければ申込みはできませんが、ゆうちょ銀行や農協、労金などはこの融資を取り扱っていないので注意しましょう。

 

もし、年金受取口座をゆうちょ銀行などに指定している場合は、まずは年金担保貸付の取り扱いのある金融機関へ口座を変更する必要があります。
年金受取口座を変更するだけでも時間がかかりますので、申込み前には申込み予定の金融機関に「独立行政法人福祉医療機構代理店」という表示があるか確認してみましょう。

 

借入申込書は金融機関に用意してあります。
申し込みには以下のような書類が必要になりますので、事前に準備していきましょう。

  • 年金証書
  • 現在の年金支給額を証明する書類(年金振込通知書、年金額改定通知書など)
  • 実印・印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなどの写真付きの証明書)
  • 借入申込額に応じた収入印紙
  • 資金使途の確認種類

この融資では年金の受給権を担保にするため、借入中は金融機関で年金証書を預かる決まりになっています。
確かに預かったということを証明するため、証書と引換えに「年金証書預り証」を金融機関から渡されます。
完済後、年金証書を返却してもらう際に預り証が必要になるので大切に保管ししなければなりません。

 

資金使途の確認書類は、購入する商品の見積書、請求書、パンフレットなど金額の分かるものを用意しましょう。
ただし、融資額が10万円の場合、見積書等の書類の提示は不要です。

 

また、この融資では連帯保証人をたてるか、信用保証機関による信用保証制度を利用する方法のどちらかを選択しなければなりません。
連帯保証人にも一定の審査があるので、連帯保証人をたてる場合には以下の書類も用意し、申し込み時には一緒に窓口へ行きましょう。

  • 連帯保証人の実印・印鑑証明書
  • 連帯保証人の本人確認書類(発行後3ヶ月以内)
  • 借入申込人との続柄が分かるもの(住民票、戸籍謄本など)
  • 収入証明書類

信用保証制度を利用する場合は、信用保証制度の申込書類への記入も別途必要です。
公益財団法人年金融資福祉サービス協会に保証してもらう代わりに、一定の保証料の支払いがあります。
連帯保証人になってくれそうな人がいない、親戚などには頼みにくいなどの事情がある方は、信用保証制度を利用すると良いでしょう。

 

申込み後は審査が行われ、審査結果と融資実行日については実行2〜3日前に金融機関から電話連絡があります。
融資日には指定口座に借入金が自動的に振込みされますので、手続きなどは特に必要ありません。

 

年金担保貸付の場合、カードローンなどのように即日融資というわけにはいかず、申込みから融資までは約3週間ほどかかります。
急な出費には対応するのは難しいですが、申込み締切日と融資日のスケジュールはあらかじめ公表されているので、お金が必要な時期に間に合うのか確認しておくと良いでしょう。

申込み前に確認しておこう!年金担保貸付を利用する上での注意点

年金担保貸付を利用する上で最も注意しておきたいのは、借入後は返済が終わるまで受給される年金の一部を受け取ることができなくなるということです。
融資後は福祉医療機構が年金を年金支給機関から直接受け取って返済に充当し、返済額が差し引かれた残りの金額が借入人の口座に年金として入金されます。
事実上の減額ということになるので、あまりに多額の金額を返済に充ててしまうとその後の日常生活に支障が生じてしまいます。

 

年金担保貸付の返済によって受給する年金が減り、生活が苦しくなったために借入期間中に生活保護を利用するというケースも発生しており、問題視されています。
年金担保貸付を利用する際には手元に残る年金で生活ができるかどうか十分に検討の上で申込みをしましょう。

 

ただ、これも考えようで、きちんと計画ができていれば、年金から差し引かれて返済に当てられるので、絶対に延滞しないし、返済にかかる手間もなにもありませんね。

 

年金担保貸付は困ったときの強い味方!無理のない範囲内での借入をしよう

年金受給中にお金を貸してくれる金融機関が少ない中、公的機関からで低金利で融資を受けることができる年金担保貸付は非常に便利です。
予定外のまとまった出費にも対応できる心強い制度ですが、約2年半の借入期間中は受け取る年金額が減るということも念頭に置いておかなければなりません。
無理のない範囲内で借入し、返済期間中も十分に日常生活が送れるように計画的に利用しましょう。

 

今日必要なら即日融資でお金を借りる

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


年金担保貸付でお金を借りる方法

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


年金担保貸付でお金を借りる方法

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

年金担保貸付でお金を借りる方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


年金担保貸付でお金を借りる方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら

関連ページ

求職者支援資金融資制度でお金を借りる方法
国や自治体といった公的な機関からお金を借りる制度があるのはご存知でしょうか?審査や条件が厳しく時間もかかりますが、最も低金利で融資を受けられる手段ですので人文の目的と照らし合わせてみてみましょう。
母子父子寡婦福祉資金貸付金でお金を借りる方法
母子家庭・父子家庭のひとり親の家庭に対して融資で支援する制度があります。条件に合致する方は利用しない手はありませんので確認してみてください。
生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法
厚生労働省管轄の融資制度が生活福祉資金貸付制度ですが、低所得であったり、65歳以上の高齢者がいる世帯、障害者いる世帯など、民間の銀行や消費者金融で借りにくい層の方たち向けの融資せいどになります。
教育一般貸付でお金を借りる方法
教育一般貸付は日本政策金融公庫が融資を行っているローンです。中学卒業以上の子供のために様々な目的で利用できる低金利なローンになりますが世帯年収など様々な条件がありますので確認してみてください。