生命保険会社からお金を借りる契約者貸付制度。利用条件や概要を分かりやすく解説!

契約者貸付制度とは、契約している生命保険の解約返戻金を担保に生命保険会社からお金を借りることのできる制度です。
ただし、この制度が利用できるのは、終身保険や養老保険などの解約返戻金がある保険に限られています。
一般的な定期保険、無解約返戻金型保険などの保険では利用することができません。

 

借りられる金額は保険会社や生命保険の種類によって異なりますが、一般的には解約返戻金額の70〜90%の範囲内となっています。
また、契約者貸付を受けられるのは契約者本人だけです。
被保険者や保険金受取人など、たとえ家族でも手続きはできないので注意しましょう。

 

契約者貸付制度で借入をすると保険会社が定めた利息がかかります。
同じ保険会社なら利率は皆一定というわけではなく、貸付利率は契約時期によって異なります。
一般的には契約した保険の予定利率に1〜2%を上乗せした程に設定されており、近年契約した保険では約3%前後となっています。
利率が高い時期の昔の保険はこれよりも高い貸付利率となりますが、それでもクレジットカードやキャッシング、カードローンなどと比べると低利率の場合が多いでしょう。

 

契約者貸付には決められた返済日というのはありません。
保険が有効な期間内であればいつでも返済することができます。
返済の自由度が高く、毎月の返済日に追われることもなくお金のある時に返せば良いというのもこの制度の魅力です。

 

契約者貸付制度の流れ。申し込みから融資を受けるまで

契約者貸付の申し込みにはいくつかの方法がありますが、最も簡単なのは契約者本人から保険会社のコールセンターや担当者に連絡をする方法です。
電話をするだけで申し込みに必要な書類を送ってもらうことができます。
電話の際には証券番号も必要になるので保険証券を手元に用意しておくと良いでしょう。

 

他にも、窓口で直接申し込む方法や、保険会社によっては契約者貸付専用の電話番号やホームページが用意されている場合もあります。
保険会社から受け取った申し込み書類一式に必要事項を記入した後は、保険会社に書類を返送しましょう。

 

契約者貸付には銀行や消費者金融での借入のような審査はありません。
書類に不備さえなければ保険会社からお金が振り込まれ、全ての手続きが完了します。
目安としては申し込み書類が保険会社に届いてから数日〜1週間程度で借入金が振り込まれます。

 

よく考えて利用しよう!契約者貸付制度の注意点

様々なメリットのある契約者貸付制度ですが、その反面リスクがあることも念頭に置いておかなければなりません。ここでは特に注意しておきたい4ポイントをまとめています。

 

利息は複利で適用される

金融機関からの一般的な借入と同様、契約者貸付で借りるお金にも利率が設けられますが、ここで注意しておきたいのが、利率の適用方法です。
契約者貸付制度の多くは年利・複利で適用されます。
借り入れた金額を1年間返済しないままでいると、1年後の借入日には利息が元金に組み込まれ、翌年はその金額に新たな利息が発生するという仕組みです。

 

例えば、100万円を3%の利率で借り入れた場合、貸付金を1年間返済せずにいると、翌年には103万円になります。
その翌年には103万円に3%の利息が付加されて約106万円、更に翌年は110万円となり、返済額は年々増加していきます。

 

返済期日がないとはいえ、借りたままにしておくと雪だるま式に増えていくので、利用するからにはしっかりと管理をしておかなければなりません。

 

契約が失効、解除される場合もある

前述した通り、この貸付では返済をしないでいると複利運用によって年々利息が付加されていき、やがて返済額が解約返戻金の額を超えてしまう場合があります。
このような場合、保険会社から返済の案内が届きます。

 

指定日までに返済できれば問題はないのですが、この段階まで来ると返済額はかなり高額になっており、返済をしたくても気がついたら手のつけられない額になっているケースも少なくありません。
返済しないままでいると、保険が失効したり解除されてしまうので要注意です。

 

満期金や祝い金から返済額が差し引かれる

学資保険や養老保険など満期がある保険の場合、祝い金から返済額を差し引いた金額が給付されます。
返済額が60万円で祝い金が100万円の場合、60万円は返済に充当、残りの40万円が祝い金として支給されます。
祝い金を入学費用の足しにする予定で保険をかけていたとしても、返済によって差し引かれてしまうと当初の計画が狂ってしまいます。
不足分を他から調達するという本末転倒な結果にならないよう、計画的に利用しましょう。

 

高利率の保険に注意

近年は預金だけでなく保険も低金利の時代です。
しかし、バブル期に加入した保険は予定利率が5.5%など、今では考えられない高利率の契約もありました。
非常に魅力的な内容の保険ですが、契約者貸付を受けるときには利率も高くなることがあります。
高利率の保険は解約をするのはもったいないという気持ちから、契約者貸付の利用を検討する方もいますが、その高利率がかえって裏目に出る場合もありますので、貸付を利用する前に貸付利率や返済額は必ず確認しましょう。

 

保険を解約する前に!まずは契約者貸付制度を検討してみよう!

今回紹介した契約者貸付制度は、保険を解約する前に是非検討していただきたい制度です。
保険を解約すると最大の懸念となるのが万が一の時のための保障がなくなってしまうことですが、他にも様々なリスクがあるので、解約には慎重にならなければいけません。

 

例えば、積立型の保険は満期前に解約してしまい元金割れとなるケースです。
手数料などが差し引かれ、投資した金額よりも少なくなってしまうことがほとんどです。
また、解約後、保険に再加入するにも年齢に応じて保険料が高くなってしまうだけでなく、健康状態によっては加入を断られてしまうこともあります。

 

契約者貸付制度ならば、これらの解約に伴うリスクの心配もなく、解約返戻金の一部を借入金という形で手にすることができます。
キャッシングやカードローンなどより利率が低く、契約者の都合にあわせて返済できるのも魅力です。
ただし、契約者貸付制度の注意点はよく理解したうえで利用しましょう。

 

今日必要なら即日融資でお金を借りる

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら

関連ページ

一般社団法人の生活サポート基金でお金を借りる方法
非営利団体の一般社団法人 生活サポート基金が提供する個人向けローンでお金を借りる方法を解説します。生活の維持、改善を目的として融資だけではなく様々なサポートをしてくれる団体です。
定期預金担保貸付でお金を借りる方法
お金に問題を抱え、定期預金も泣く泣く解約する方が非常に多いですが、解約せずに定期預金を担保としてお金を借りることができるのです。この定期預金担保貸付について解説します。
社内(従業員)貸付制度でお金を借りる方法
自分が勤める会社の福利厚生に社内(従業員)貸付制度がないか確認してみるのも、低金利にお金を借りる手段の1つです。会社によってまちまちですが大抵の場合銀行よりも低金利です。
共済組合による貸付でお金を借りる方法
身近な人(親・親戚・友人)からお金を借りる方法
身近な人からお金を借りるのは簡単に見えて非常に難しい問題をはらみます。そんなトラブルや問題を割けるための対策なども解説しますが、できるだけ金融機関等から借りることをおすすめします。