カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?

テレビCMに電車や看板、いつもの銀行の店の中のポスターなどカードローンの広告はどこでも見かけますよね。
だからといって、

  • いつもCMで見ているから
  • あの銀行だから間違いないでしょ
  • いつもお世話になっている銀行に

こんな基準で選んでしまうのは、後々の返済に響く場合もあります。

 

たとえば、属性に自信のある方は審査難易度よりも金利やサービスなどを重要視するかもしれませんし、とにかく審査に通りたければ通過率の高いところを選ぶはずです。あとは借りたい金額によっておすすめのカードローンが変わってくる場合だってあるのです。

 

昔なら迷わず銀行のカードローンを紹介したのですが、金融庁から過剰貸付の調査を受け、銀行カードローン業界自体が自粛ムードがあります。
審査基準も大幅に引き上げられ、借りれる金額も総量規制に基づく銀行が増えています。
現状、最もお金を借りる目的におすすめできるのが消費者金融ですので、アコムアイフルプロミスSMBCモビットに限定して紹介していきますね。

 

参考:【消費者金融人気ランキング】審査が早くてすぐに借りれるキャッシング

 

カードローンの比較ではどこに軸を置くべき?人によって重要ポイントは異なる!

カードローンの比較ではどこに軸を置くべきでしょうか。
人によってさまざま異なることは当たり前ですが、基本的に以下のポイントにだいたい当てはまるのではないでしょうか。

  • 審査難易度
  • 金利
  • 限度額
  • サービス

審査難易度は低いほうが借入できる確率は高まりますし、金利はより低いほうが返済時の負担は軽くなります。
また、限度額は高ければ必要金額に達しやすくなります。
各社サービス内容もいろいろですから、お住いの地域や返済の利便性の高さも大事に感じるポイントでしょう。

 

審査の通りやすさを重視する?大手カードローン会社の審査通過率を比較!

とにかく審査に通らなければ意味がない、と考える人は審査通過率に注目しましょう。
消費者金融は銀行カードローンと比較して、審査は通りやすいのですが、その消費者金融の中でも各社通過率が異なります。

 

まずは審査に通るための大前提、大手消費者金融で審査に通るために各社共通しているところは、「継続的に安定した収入を得ていること」です。

 

この意味は別に公務員や正社員ということではなく、アルバイトやパートタイマーの人でも審査を受けるうえでは問題ありません。
もちろん属性の点で有利不利はありますが、アルバイトやパートタイマーの人でも毎月安定した給与を得ていれば、カードローン会社の申込条件の「継続的に安定した収入を得ていること」に該当しますので、不安になる必要はありません。

 

しかし、専業主婦を含む無職の人は収入がありませんから審査の基準に達していません。
また短期アルバイト、日雇い労働などで不安定な収入しか得ていない人は、安定した収入とみなされることが難しいでしょう。

 

参考

 

この安定収入というボーダーラインをクリアしていない人は、アルバイトでもパートでもまずは継続して月収を得られる仕事につくことが重要です。

 

それでは、より審査通過に近づくために各社カードローンの審査通過率を見ていきましょう。
この通過率は各社の公式HP内に記載されています。

消費者金融名 審査通過率
アコム 45~50%
アイフル 44~49%
プロミス 42~45%
SMBCモビット 公開データなし

※時期によって審査通過率は多少異なります。

 

大手三社のアコム、アイフル、プロミスは審査通過率を公表しており、上記のような数値が出ています。
審査に通りたいという方はアコムを選ぶのが妥当な線でしょう。

 

また、SMBCモビットは公式に出しているデータが無いので不明となっていますが、大手3社に割って入りたいモビットの事情を鑑みれば、前述3者と遜色ない数字であることは想像に固くありませんね。

 

その他、各社共通で見ている審査基準は個人信用情報です。
個人信用情報機関とは、個人の審査申込状況や借入・返済歴、債務整理の有無などお金の貸し借りに関わる情報を管理しています。

 

カードローンの審査では、必ずこの信用情報を確認します。
過去の返済滞納や債務整理をしていれば、審査に通らない可能性が高くなります。
そういった事故情報を持っている方はブラックリストと呼ばれて審査に通ることはほぼありません。

 

ただ、最大で10年経過すれば個人信用情報機関から記録は削除されますが、この期間はお金を借りることができずクレジットカードも作ることが出来ません。

 

これからお金を借りようとしている方は、きちんと返済計画を立てることが大事ですね。

 

参考:アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?

 

金利の低さは返済時に重要!消費者金融系カードローンでも金利が低いところもある!?

急いでいるとカードローンの審査申込時はつい無視してしまう金利ですが、返済時に困らないためにも金利もきちんと見るようにしましょう。

 

金利の違いは返済時の負担になって返ってきます。
借入金額が大きく、返済期間が長ければ長いほど、利息額は積み上がり元金はなかなか減っていきません。

 

したがって、少しでも金利の低いところで借りることが、将来の返済額を減らす結果につながります。

 

それでは各社の金利を見ていきましょう。

消費者金融名 金利
アコム 3.0〜18.0%
アイフル 4.5〜18.0%
プロミス 4.5〜17.8%
SMBCモビット 3.0〜18.0%

どうでしょうか?
各社金利に幅がありすぎてよくわかりませんよね。

 

まず、利息制限法という法律がありますので、

  • 100万円未満の借入の場合は18%
  • 100万円以上の借入の場合は15%

これは各社変わることはなく法律で縛られています。
ですから、100万円未満を借り入れする場合は上限金利が適用されると思っておいてください。

 

その観点で見ると、100万円未満を借りるならプロミスの17.8%が一番低金利でおすすめですね。

 

それ以上の場合、下限金利を見ればいいのかというとそうではありません。
下限金利は最大限度額が適用された場合のものなので、100万円以上になると15%から限度額が上がれば金利が下がっていく仕組みです。

 

アコムのみ、契約極度額別の金利を開示してくれていますので参考にしてみるといいかもしれません。
アコムの金利表

契約極度額 1万〜99万円 100万〜300万円 301万〜500万円 501万〜800万円
適用金利 7.7%〜18.0% 7.7%〜15.0% 4.7%〜7.7% 3.0%〜4.7%

各限度額で金利幅はありますが、初回契約時は上限金利が適用されるはずですので、下限の金利はあまり期待しないようにしましょう。

 

ただ、このような目安を唯一見せてくれているアコムが最もユーザーには分かりやすい消費者金融かもしれませんね。

 

金利面でもう一つ注目しておきたいのが30日間無利息サービスというもの。
対象のカードローンを初めて利用する人向けに、最大30日の無利息期間が設定され、該当期間中に完済すれば借入金額以上の負担はありませんし、たとえ返済期間が延びてもその該当期間ぶんの利息は発生しません。

 

以下の表に、無利息期間サービスの提供の有無を示しましたので、確認してみてください。

サービス提供社名 無利息サービス
プロミス 利用日の翌日から30日間※
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
SMBCモビット サービスなし

※プロミスの無利息期間は、Eメールアドレスの登録とプロミスのホームページで書面を確認(WEB明細)を選んだ人のみ対象です。

 

まずSMBCモビットには無利息期間サービスの提供をしていませんので、サービス面では他のカードローンに劣ってしまいます。

 

また、残りの3社でも無利息期間の適用に違いがあることも気をつけなければいけません。

 

上記の表にも書きましたが、「契約日の翌日」と「利用日の翌日」の2種類があります。
契約日の翌日から適用される場合は、借入していなくても無利息期間が減っていきますね。
一方、利用日の翌日から適用される場合は、借入するまでは無利息期間は発生しませんので、慌ててお金を借りる必要はありません。
例えば、カードローンを作っておいて、1年後にはじめて利用した場合でもそこから30日間適用されるサービスなのです。

 

上限金利の面でも無利息期間の面でも、この分野ではプロミスが他社より抜きんでているのではないでしょうか。

 

参考

 

カードローンの限度額を比較!貸金業法の総量規制に注意!

人によって借入したい金額は違いますが、各社の限度額にも違いがあります。
自分の必要としている限度額を提供していないカードローンでは、審査に申し込みしても意味がありません。

 

それでは各社の限度額を表にして比較しましょう。

業者名 限度額
アコム 1万〜800万円
アイフル 1,000円〜500万円
プロミス 1万〜500万円
SMBCモビット 1万〜800万円

アコムとSMBCモビットの限度額は800万円ですが、アイフルとプロミスの限度額は500万円と300万円も少なくなります。
審査に通ったうえでかつ最大限度額が選ばれる可能性は100%ではありませんが、500万円以上のお金を借りたい場合は、必然的にアコムまたはSMBCモビットを検討しましょう。

 

最小借入額ではアイフルが唯一1,000円から借入できます。

 

他のカードローンはどうしても1万円からしか借入できませんが、ほんの数千円だけお金が必要なときは助かるのではないでしょうか。

 

また、各社の借入限度額以外に、消費者金融は貸金業法の総量規制に注意しなければなりません。
いくら800万円借りたいという希望があっても法律的に貸出ができないことが多いのです。

 

貸金業法の総量規制では、年収の1/3以上の融資を禁止した法律です。

 

たとえば、年収300万円の人は100万円までしか借入できません。
しかもすべての消費者金融や信販会社のキャッシング枠を合計した金額になります。

 

つまりA社で50万円借りていた場合、今後新たに消費者金融の審査に通ったところで最高でも50万円までしか借入できません。
もちろんすでに100万円借りていれば、新たに借りることはできず、結果的に審査を受けても落ちることが確定してしまいます。

 

ですから、800万円の融資が下りるのは年収にして2400万円必要という計算になりますね。
あまり現実味がないところになりますので、ご自分の年収に見合った金額で申し込むことが重要です。

 

このように各社の限度額と貸金業法に注意したうえで、審査に申し込むようにしましょう。

 

各カードローン会社のサービスはどう?営業時間・借入方法に違いがある!

金利や限度額だけでなく、サービスの充実しているカードローン会社は、審査申込時や借入・返済のときに利便性が高いと感じるはずです。

 

たとえば、営業時間の長いカードローン会社は、仕事が終わってからでも即日融資に間に合ったりと審査申込時に利用しやすいでしょう。

 

以下の表に消費金融のサービス面で欠かすことが出来ない「自動契約機」の営業時間をまとめてみましたので、確認してみてください。

消費者金融 自動契約機営業時間
アコム 8:00〜22:00(一部店舗は21:00)
アイフル 8:00〜22:00(一部店舗は営業時間に違いあり)
プロミス 9:00〜22:00(一部店舗は21:00)
SMBCモビット 8:00〜21:00(一部店舗は営業時間に違いあり)

※いずれの会社の自動契約機も土日・祝日に対応しています。

 

自動契約機の営業時間は、アコムとアイフル、プロミスが、夜の22時まで対応しています。
平日昼間は仕事で忙しい方でも、終業後に利用することができて、とても便利ですよね。

 

また、契約機の設置台数ではアコムとプロミスが抜きん出ているので、利便性においてリードしています。

 

また、最近流行りのインターネット申し込みは、すべてのカードローン会社で24時間申し込むことができます。
ただし、審査結果の回答は営業時間開始以降になりますので、注意しましょう。

 

借入方法(審査申込方法)では、アイフル・プロミス・SMBCモビットが特徴的なサービスを提供してくれています。

 

アイフルは「無人契約でんわBOX」という方法があり、自動契約機のタッチパネル操作などの一切を省く代わりに、ルーム内に設置している電話から審査申込が行えます
どうしても年配者の方などはタッチパネル操作が苦手な可能性が高いですし、これまで利用したことのない人も同じことでしょう。
しかし、電話であれば難しい操作は不要で、大半の人が安心して利用できるはずです。

 

一方、プロミスはアプリローンという方法があり、審査や契約はアプリでして、借入はセブン銀行のATMとスマホアプリを連携します。
完全にカードレスになりますので、専用ローンカードを見られたり、明細を見られたりする心配がなく、他人にバレたくない人は魅力を感じるのではないでしょうか。

 

そして、SMBCモビットは「WEB完結」という方法で、審査から契約まで完全にWEBで完結します。
それだけであれば他の消費者金融でも提供していますが、勤務先に電話連絡が基本的にないことが特徴です。
代わりに在籍を示す書類を提出すれば、電話がかかってくることはないため、まさしくWEBのみで完結します。

 

また、借入も振込融資になり、こちらも他人にお金を借りていることがバレたくない人は、魅力に感じるのではないでしょうか。

 

以上のように各カードローン会社はさまざまなサービスを提供していますので、自身が最も魅力に感じるところを検討してみてくださいね。

 

カードローンの比較で自分の希望に応じた金融機関を選ぶこと!

ここまで様々な基準でアコム、アイフル、プロミス、SMBCモビットを比較してきましたが、情報が多すぎて混乱してしまう方もいるかもしれませんね。

 

ここまでの比較内容を簡単にまとめます。

  • 審査難易度は新規顧客率からアコムがオススメ
  • 金利は上限金利が少し低いプロミスがオススメ
  • 借入限度額はアコムとSMBCモビットが高い
  • 貸金業法の総量規制で限度額は最高でも年収の1/3以下
  • アイフルは唯一1,000円から借入できる
  • 他人にバレたくない人はプロミスとモビットに特徴的なサービスがある

上記のような部分と自分のニーズを照らし合わせて、適切なカードローンを選ぶようにしましょう。

 

カードローンで即日融資する

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら

関連ページ

初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由
はじめてお金を借りる場合、何処で借りたらいいのか、返済はちゃんとできるのか、誰かにバレたらどうしよう。など色々不安になることも多いと思います。そんな方に初めて借りる時の心構えをお伝えします。
カードなし!WEB完結!家から出ずに即日融資可能!
今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。
今日中にお金が借りたい!そんな人でも安心の即日融資カードローンとは?
急な出費でお金が必要…!そんなときはカードローンに頼らなければならないことがあると思います。今日中にお金が借りたい時に即日融資が可能なカードローンについて。
消費者金融のカードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?
金融機関からお金を借りるという行為には必ず審査がついて回ります。できるだけ通りやすいところを探すのもいいですがカードローンの審査基準を理解して通りやすい属性に自分を引き上げるのが近道です。
正社員だとカードローンの審査に通りやすい? 契約社員や派遣社員は?
以前の消費者金融やキャッシングは「サラ金」と呼ばれて、サラリーマンを対象にした無担保融資で、「厳しい取り立てをする」という悪いイメージがありましたが、最近では消費者金融に対してイメージが良くなっていて、サラリーマンだけではなく公務員や自営業者、そしてアルバイトなど、様々な人が利用するようになっています。ですが、・・・
自営業者がカードローンでお金を借りるには?収入証明がキモ
自営業者はカードローンなどの審査に通りにくいと言うのが定説です。とはいえお金が必要になる場面が発生するのは会社員も自営業も同じです。審査に通るためにはどうすればいいかを解説していきます。
アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準
アルバイトでもカードローンを利用したいと思う場面はあると思いますが、正社員じゃなくても申し込みができるか不安になりますよね。アルバイトでもカードローンがりようできるかを解説。
学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?
学生だってお金に困ることは多々あります。遊びすぎることもあるでしょうし、学校の勉強以外に学びたいことができたけど、親にこれ以上仕送りを頼めないなど、そんなとき学生でも借りれるカードローンが強い味方になります。
学生でも作ることができると評判!楽天カードはなぜ学生でもOKなのか?
楽天カードといえばパンダバージョンのCMでもお馴染みですよね。楽天市場でも便利な楽天カードは学生でも作ることができるのか。気になる学生は要チェック!
個人再生はCICに掲載される!期間や開示方法などを解説
個人再生をすると指定信用情報機関のCICに登録されます。登録される期間や必要な時に覚えておきたい開示方法などを解説。
カードローンを借りる時に保証人は必要? 担保が必要か解説
ローンを組む時に保証人が必要になるケースがあります。ただ、お金を借りる時は誰にも知られたくないということがありますよね。そんな人が知っておきたいカードローンの保証人について。
カードローンを申し込んだ際に行われる本人確認に関する注意点
カードローンを申し込むと必ず本人確認が行われます。しかし、職場や家族に知られたくないという理由で本人確認を省きたいという方も少なくありません。申し込み前に知っておきたい本人確認について。
土日・祝日でも借り入れができるカードローンはどこ?
手元にお金がないのに、土日に急にお金が必要になった…そんな時はカードローンに頼るのもひとつの手です。しかし、土日でも借り入れできるものなの?そんな疑問にお答えします。
おまとめローンで損をすることがある!知っておきたい注意点について
おまとめローンというと複数の借入を一本化する方法としてメジャーですが、単純に複数借金があるからといって安易に利用するのはオススメしません。おまとめローン利用前に知っておきたい注意点について。
カードローンの申し込み時に限度額はどのように決まるのか
カードローンは借入ができる上限額が設定されていますが、初めて申し込む際に限度額はどのように決まるのか気になりますよね。いくら借りられるか利用する前に知っておきたい方はこちら。
カードローンで借りたお金を一括返済できるならしたほうがいい理由とは?
カードローンの返済方法は基本的には残高スライド方式で毎月一定額を返済していくものです。しかし、もし返せるのであれば一括で返済をしてしまった方がいいです。その理由とは?
多重債務の入り口!リボ払いの危険性とは?
リボ払いは上手に利用すれば毎月の返済負担を軽減するのにもってこいな方法ですが、負担がかるすぎて気がつくと大きな金額の借金を抱えているパターンも非常に多く注意が必要です。
カードローンの最低金利で借入することは可能?年利のカラクリについて
カードローンは各会社ごとに上限金利と下限金利が決められています。できれば0.1%でも低い金利で借りたいところですが、金利はどのように決定しているのでしょうか。金利のカラクリについて徹底解説。
最速で利用ができる!三井住友銀行カードローンの強みはコレ!
みずほ銀行のカードローン、審査は厳しい?通らない原因は?
審査なし?超低金利?そんなキャッシングに要注意!そのカードローン闇金ですよ
審査なしでキャッシング、超低金利でキャッシング。こんな誘いや広告を見ても申し込んではいけません。
誰にも相談できないお金の悩みの解決方法
お金の悩みってなかなか人には相談しにくいものです。誰にも相談できないでいると気付いたら手遅れになる場合もあります。状況別に解決方法を探っていきましょう。
消費者金融の金利はなぜ銀行より高いのか?資金調達先に理由あり