学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?

親の仕送りだけじゃ足りやしない。

 

学校にバイトもがんばっているけれど、デートにコンパに多忙で、お金は湯水のように減るばかり。
はたまた、学校の勉強以外で学びたいことが増えたけど教材やスクールの費用はこれ以上親に頼めないなど・・・
学生だって様々な場面でお金を借りる場面がでてきますよね。
今回は学生の困った時の駆け込み寺、そう学生のカードローン利用について考察してみたいと思います。

 

果たして学生でもお金って借りれるものなのでしょうか?

 

銀行もOK?学生でも利用可能なカードローンはコレだ!

学生でも幾つかの条件を満たせば、消費者金融、銀行での借入は可能です。

 

ここでは学生でもお金を借入出来るカードローンについてまとめてみたいと思います。

 

学生が銀行、消費者金融で借入れする方法

学生という身分でカードローンを利用するには、幾つかの条件があります。

 

  • @満20歳以上であること
  • A毎月の定収入があること

実に単純な話しですが、銀行、消費者金融に限らず、この2大条件は揺るぎません。

 

つまり大学生でも専門学校生であっても、20歳以上で、尚且つアルバイトやパートなどで毎月の定収入がある場合は、カードローンを利用することが可能なのです。
ただし消費者金融の場合は年収の1/3以上の借入れは不可能になってくるので、収入が少ない学生は消費者金融で大金を借りることは難しくなってきます。

 

特に学生さんにとって人気なのは、プロミスアコムなどの大手消費者金融です。

 

迅速審査や即日融資などの利便性と共に、無利息キャンペーンや優待サービスなどが整っている点は見逃せませんね。

 

また銀行では特に学生への融資は厳しく、バンクイックのように学生は限度額が10万円までしか融資出来ないと融資制限がかかっている銀行も少なからずあります。
その審査の難易度から言って、学生という身分での銀行からの借入れは正直難しいのが現状です。

 

学生がカードローンを借入れする際に必要な書類はコレだ

銀行、消費者金融で借入れする場合に必要な書類は、主婦、バイト、学生に正社員等大きな差はありません。

 

まず必要になってくるのが運転免許証やパスポートなどの本人確認書類です。
学生ローンでは必須の学生証の提示も勿論必要ありません。

 

また気になる収入証明ですが、5万や10万程度の額なら通常収入証明の提示は要求されません。
学生だからと言って特別な書類が必要になるわけではないので、安心してくださいね!

 

親にバレずにカードローンを申し込むことは可能か?

学生にとって親バレはカードローン利用の大きな壁になってきます。

 

しかし大手の消費者金融銀行カードローンの場合、Web完結申し込みで申し込み、そして無人契約機でカード発行をすれば、自宅に郵送物が届くことなくカードローンを利用可能です。

 

なお、後ほど説明する学生ローンの場合、直接店舗に行っての申し込みが出来ない場合、申し込み書類等が自宅に送付されるので、その点には注意を払いましょうね。

 

未成年でもお金は借りれる?

例えば学生でも18歳、19歳の未成年の場合はお金を借りることは出来るのでしょうか?
実に素朴な疑問ですが、その答えは金融機関によるとしか答えられません。

 

通常の消費者金融、銀行では20歳以上という年齢制限があるので、いくら学生でバイトをしていても、このルールの下ではカードローン申し込みは不可能です。

 

ただし未成年の学生でも結婚している場合は社会人とみなされるので、収入さえあればカードローンを申し込めます。
また未成年でも親の同意がある場合は、親権者の同意がある以上、本人がバイトをしていようと無職であろうと、関係なくカードローンを申し込むことが可能です。

 

ただしこれらのケースはいわゆる特例の部類に入るので、全ての金融機関で借入れ可能かどうかははっきり言えません。
その為未成年の学生の場合に限っては、一度詳細について問い合わせる必要が出てきます。

 

また未成年の学生の場合は、学生専用のクレジットカードを申し込むことで、そのキャッシング枠を利用することも実質可能です。
本人の収入にもよりますし、未成年の場合は、果たしてキャッシング枠を利用可能か?
という疑問も残りますが、学生に特化した学生専用カードローンの場合なら、可能性はゼロではないと言えるでしょう。

 

消費者金融もだめなら、学生ローンでお金を借りるのはアリ?

学生であることがメリットになることもあります。

 

学割が効いたり、学生専用のクレジットカードを申し込めたり……
花の青春時代を謳歌する為には、いくらかのお金が必要ですが、もしお金に困ったらあなたはどうしますか?
今回は学生だから借りれる、そんな素敵過ぎる学生ローンについてのお話しです。

 

学生の特権!学生ローンの実態に迫る

学生ローンを物凄くシンプルに説明すれば、学生が対象のカードローンといったところでしょうか。
学生ローンの会社によって、対象年齢や金利も異なりますが、学生であることを担保にお金を貸してくれる貸金業者のことです。

 

ここで簡単に学生ローンの貸付条件を見てみましょう。

  • @学生である……学生であることを意味するのは、大学、専門学校、予備校、短期大学のことを指します。
  • A毎月の安定した収入があること……銀行、消費者金融同様に、毎月の返済が可能な程度の収入がある場合にのみ、融資が可能になってきます。
  • B年齢制限がある……年齢制限に関しては、各社微妙に異なり20〜35歳辺りまでの年齢まで融資が可能な場合が多いです。

大学生と言っても最近は働きながら学生をしている方も少なくない為、上限年齢は高めに設定されています。
また18歳以上であれば、親の同意の元借入れが出来る場合もあります。

 

審査条件と必要書類について

審査に関しては学生であることが、まず第一条件です。
銀行や消費者金融と比べても審査は柔軟な部類に入り、まさに学生と言う身分を利用して、お金を借りることが可能になってきます。

 

ただし金利も15〜18%と低くなく、また総量規制の縛りを受け、尚且つ小口融資がメインなので大きな金額を借りることは出来ません。

 

必要書類に関しては、

  • @学生書
  • A本人確認書類
  • Bキャッシュカード

がまず3種の神器として必要になってきます。
プラスアルファーで学生ローンによっては、現住所が記載された公共料金の明細書や、大学の学費納入書、年収証明等が必要になる場合もあります。

 

学生ローンと銀行・消費者金融の違いは?学生ローンのメリット、デメリット

特に学生街と呼ばれるような街には多くの学生ローンが点在しています。
特に高田馬場は学生ローンの街として知られており、もはや学生ローンの中に街があると言っても過言ではありません。

 

さてそんな学生の大きな味方の学生ローン、銀行や消費者金融とはどのような点が異なるのでしょうか?

 

学生ローンと銀行、消費者金融の違い

ここでは分かりやすくする為に、箇条書きでこれら3社の違いについて、触れてみたいと思います。

 

@学生ローンでは、通常在籍確認電話が行われない。
こちらは果たしてメリットと捉えていいのでしょうか?
在籍確認が行われないことをいいことに、実際は働いていないのに、仕事があると虚偽の報告をする学生は後を立ちません。
果たしてどのように、返済するのでしょうか?

 

Aいくら若くても学生でないと利用出来ない。
ただし学生時代に利用した学生ローンに限っては、卒業後も追加融資の形で借入れ出来る学生ローンもあります。

 

B審査が非常に柔軟である。
通常小口融資をメインにしている為、審査難易度は消費者金融と比べても、かなり低いのが実情です。
ただし学生でも幾つかの学生ローンをはしごして借入れしている多重債務者の卵の学生は、学生ローンと言えど、慎重になる傾向があります。

 

 

以上の点が大きな相違点と言えるでしょう。

 

学生ローンは多くとも50万円程度の借入れしか出来ない為、学費を借入れしたい場合は、幾つかの学生ローンに二重で借入れしなければなりません。
その為大金が必要になった場合は、大手消費者金融に駆け込む方が、金利の面でもお得ですし、初回限定なら0金利で借入れも可能です。

 

幾ら必要なのか?そして自分の信用情報はお金を借入れするのに十分なものなのか?
その辺りをよく考えてから、適切な貸金業者を選びましょうね。

 

要注意!学ロン詐欺に合わない為に注意するべきこと

いつの時代も学生はお金に振り回されがち。
ここではお金のない学生をターゲットにした、詐欺事件について言及したいと思います。

 

貧乏学生がこの世にいる限り、学ロン詐欺はいつまでも横行し続けるのです!

 

学ロン(学生ローン)詐欺ってなに?

学ロン詐欺という言葉を聞いたことがある方も少なくないと思います。

 

いわゆる詐欺の1つで、お金に困った学生を高額バイトと言う名目で呼び出し、学生ローンでお金を融資させる詐欺事件のことです。
簡単に説明すると高額バイト情報誌やHP、もしくは掲示板で”短期で稼げる高額バイト募集中”の文句を見たらまずは要注意。

 

数時間で5〜10万円の成功報酬を現金で貰えるというものです。
面接に来たバイト希望者を学生ローンに連れて行き、融資をさせる代わりに、その最終融資額の何%かをその場で手にすることが出来ると言う訳ですね!
勿論学生であること、そしてその証明書を用意出来るかどうかを、何度も面接官から確認されます。

 

普通だったら学生ローンで代理融資をさせられる時点で不審に思いますが、返済はあちらが行う旨を説明させられ、尚且つ借用証明書も用意してもらえる。
そして現金を即日で貰えることもあり、未だにこの詐欺事件の被害者は減りません。
勿論貸したお金の返済は数カ月で滞り、その後は詐欺集団と連絡が途絶えてしまい、結局は自分でお金を返済するハメになるのです。

 

20以上の若い学生のみをターゲットにしている為、その社会経験のなさに漬け込んだ、大変悪質な詐欺として知られています。
まずこれらの妖しい即日バイトの文言の中に、20歳以上の学生のみ募集!などと書いてあった場合は、間違いなくこの学ロン詐欺なので、くれぐれも美味しいバイト話しには乗らないでくださいね。

 

20歳以上のバイトをしている学生はカードローンも利用可能!ただし学生ローンは容易に手を出すべからず

 

学生でも毎月の定収入があれば、お金を借りることができるのは分かっていただけたかと思います。

 

しかしいくらバイトで定収入があっても若い内から、いわゆる借り癖を作ってしまうと、社会人になった時にもその悪い癖が抜け切れない!そんな方も少なくありません。
その為安易にカードローン申し込みを考えるのではなく、バイトを増やすなり、身の回りの物を売る、もしくは在宅での副業バイトを始めるなどを検討してみましょう。

 

また学生ローンはその金利の高さと、借りやすさ故に、返済に苦労することが目に見えている金融商品なので、学生ローンに手を出すことは避けた方が無難です。

 

学生でも大手消費者金融が一番安心

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら

 

関連ページ

初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由
はじめてお金を借りる場合、何処で借りたらいいのか、返済はちゃんとできるのか、誰かにバレたらどうしよう。など色々不安になることも多いと思います。そんな方に初めて借りる時の心構えをお伝えします。
カードなし!WEB完結!家から出ずに即日融資可能!
今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。
今日中にお金が借りたい!そんな人でも安心の即日融資カードローンとは?
急な出費でお金が必要…!そんなときはカードローンに頼らなければならないことがあると思います。今日中にお金が借りたい時に即日融資が可能なカードローンについて。
消費者金融のカードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?
金融機関からお金を借りるという行為には必ず審査がついて回ります。できるだけ通りやすいところを探すのもいいですがカードローンの審査基準を理解して通りやすい属性に自分を引き上げるのが近道です。
正社員だとカードローンの審査に通りやすい? 契約社員や派遣社員は?
以前の消費者金融やキャッシングは「サラ金」と呼ばれて、サラリーマンを対象にした無担保融資で、「厳しい取り立てをする」という悪いイメージがありましたが、最近では消費者金融に対してイメージが良くなっていて、サラリーマンだけではなく公務員や自営業者、そしてアルバイトなど、様々な人が利用するようになっています。ですが、・・・
自営業者がカードローンでお金を借りるには?収入証明がキモ
自営業者はカードローンなどの審査に通りにくいと言うのが定説です。とはいえお金が必要になる場面が発生するのは会社員も自営業も同じです。審査に通るためにはどうすればいいかを解説していきます。
アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準
アルバイトでもカードローンを利用したいと思う場面はあると思いますが、正社員じゃなくても申し込みができるか不安になりますよね。アルバイトでもカードローンがりようできるかを解説。
学生でも作ることができると評判!楽天カードはなぜ学生でもOKなのか?
楽天カードといえばパンダバージョンのCMでもお馴染みですよね。楽天市場でも便利な楽天カードは学生でも作ることができるのか。気になる学生は要チェック!
個人再生はCICに掲載される!期間や開示方法などを解説
個人再生をすると指定信用情報機関のCICに登録されます。登録される期間や必要な時に覚えておきたい開示方法などを解説。
カードローンを借りる時に保証人は必要? 担保が必要か解説
ローンを組む時に保証人が必要になるケースがあります。ただ、お金を借りる時は誰にも知られたくないということがありますよね。そんな人が知っておきたいカードローンの保証人について。
カードローンを申し込んだ際に行われる本人確認に関する注意点
カードローンを申し込むと必ず本人確認が行われます。しかし、職場や家族に知られたくないという理由で本人確認を省きたいという方も少なくありません。申し込み前に知っておきたい本人確認について。
土日・祝日でも借り入れができるカードローンはどこ?
手元にお金がないのに、土日に急にお金が必要になった…そんな時はカードローンに頼るのもひとつの手です。しかし、土日でも借り入れできるものなの?そんな疑問にお答えします。
おまとめローンで損をすることがある!知っておきたい注意点について
おまとめローンというと複数の借入を一本化する方法としてメジャーですが、単純に複数借金があるからといって安易に利用するのはオススメしません。おまとめローン利用前に知っておきたい注意点について。
カードローンの申し込み時に限度額はどのように決まるのか
カードローンは借入ができる上限額が設定されていますが、初めて申し込む際に限度額はどのように決まるのか気になりますよね。いくら借りられるか利用する前に知っておきたい方はこちら。
カードローンで借りたお金を一括返済できるならしたほうがいい理由とは?
カードローンの返済方法は基本的には残高スライド方式で毎月一定額を返済していくものです。しかし、もし返せるのであれば一括で返済をしてしまった方がいいです。その理由とは?
多重債務の入り口!リボ払いの危険性とは?
リボ払いは上手に利用すれば毎月の返済負担を軽減するのにもってこいな方法ですが、負担がかるすぎて気がつくと大きな金額の借金を抱えているパターンも非常に多く注意が必要です。
カードローンの最低金利で借入することは可能?年利のカラクリについて
カードローンは各会社ごとに上限金利と下限金利が決められています。できれば0.1%でも低い金利で借りたいところですが、金利はどのように決定しているのでしょうか。金利のカラクリについて徹底解説。
最速で利用ができる!三井住友銀行カードローンの強みはコレ!
みずほ銀行のカードローン、審査は厳しい?通らない原因は?
審査なし?超低金利?そんなキャッシングに要注意!そのカードローン闇金ですよ
審査なしでキャッシング、超低金利でキャッシング。こんな誘いや広告を見ても申し込んではいけません。
誰にも相談できないお金の悩みの解決方法
お金の悩みってなかなか人には相談しにくいものです。誰にも相談できないでいると気付いたら手遅れになる場合もあります。状況別に解決方法を探っていきましょう。
消費者金融の金利はなぜ銀行より高いのか?資金調達先に理由あり
カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?
カードローンでお金を借りる際に選ぶのに困るほど多くのローン商品が存在します。だからといってなんとなく決めてしまってはいけません。自分の目的に合わせて3つの比較軸でベストな選択をしてください。