銀行でお金を借りる方法

銀行は預金に振込みなどの基本的サービスに加え、多くの金融商品を揃えています。
今回は消費者金融ではなく、銀行でお金を借りる方法とその特徴、そしてメリット・デメリットなどをご紹介!

 

銀行が揃える各種ローンは、あなたにとって有益なサービスになり得るのでしょうか?

 

充実したローンが自慢!銀行で借りられる各種ローンまとめ

お金を借りる場所と言えば真っ先に消費者金融が浮かびますが、その金利は折り紙つきの高さです。
消費者金融、銀行それぞれの魅力は異なりますが、安易に消費者金融に駆け込まず、目的にあったローンを銀行で探してみることから始めてみませんか?

 

住宅ローン

数百万から数千万円のローンを組めるのが、銀行ローンの大きな特徴です。
特に住宅購入を考えている方に必須の住宅ローンは、基本的に銀行での対面申し込みの他にも、WEB上でも申し込みが出来ます。

 

住宅購入の際には数十年単位での返済が避けられません。
その為銀行側は年収や勤続歴だけによらず、本当に大金を貸しても返済出来るのかをトータルで判断して、融資の可否を決定するので、審査面ではハードルの高いローンと言えるでしょう。

 

参考:住宅ローンをお得な金利で申し込むための比較サイト【新規も借り換えも】

 

マイカーローン

新車の購入に必須なマイカーローンですが、やはりこちらのマイカーローンも銀行のイチオシ商品の1つです。
カーディーラーにカーローンを丸投げすることは簡単ですが、銀行のマイカーローンの金利はそれよりも低いので、新車購入を考えている方は熟考の価値ある金融商品と言えるでしょう。

 

参考:知らないと損!銀行マイカーローンのメリット・デメリット

 

教育ローン

いわゆる教育のために必要な資金を借入れするローンです。
(そのままですね)

 

銀行以外にも公的な期間が募集する教育ローンもありますが、銀行の教育ローンは高額な授業料が予想される私立医学部・歯学部などの融資にも対応しています。

 

ただし教育ローンといえど、塾、予備校や塾の学費までカバーするかは、その銀行によって異なるので注意が必要です。

 

参考:教育一般貸付でお金を借りる方法

 

ブライダルローン

結婚式、ハネムーンにブライダルエステ……
ブライダルローンは決して、結婚式の費用だけを貸出してくれるローンではありません。
2人の門出を祝う一連の行事に必要な経費をまとめて借入れ可能です。

 

結婚やそれに必要な経費を確認出来る書類提出は必須ですが、フリーローンに比べても、金利を抑えて借入れ可能なのは嬉しいですね。

 

参考:一生の思い出になる結婚式を諦めない!ブライダルローンという選択肢

 

カードローン

使用使途を問わずに借入れ出来るカードローンは、少額融資から大口融資まで対応しているため、銀行ローンの中でも人気がある商品となっています。
それぞれの銀行、融資額によっても異なりますが、約2〜15%前後の低金利で借入れ可能です。

 

ただし消費者金融と比べて、申込者の年収や勤続歴、そして信用情報を厳格にチェックするため、審査は決して容易なものとは言えません。

 

参考:銀行カードローンなら低金利で高額融資OK!

 

フリーローン

多目的ローンとも呼ばれており、ショッピング、旅行、教育費用に医療資金など利用使途を問わないローンです。
(ただし事業用資金としては使えません)
一見カードローンと似ていますが、1回のみの融資が基本なので、カードローンのように限度額以内なら何度も追加融資を受けることは不可能。

 

追加融資ができない返済専用のローンなので、お金をついつい借りてしまう悪癖がある方にはピッタリですね。

 

事業者用ビジネスローン

消費者金融などでは事業資金にお金を使うことは出来ません。
しかし銀行では会社だけでなく、個人事情主(フリーランサー)にも事業者用ローンの形で融資が可能なので、どんな形であれ事業用資金が必要な場合は、銀行の門を叩くといいでしょう。

 

審査は会社の経営状況に関する膨大な資料を用意する必要があり、通常は無担保ローンと有担保ローンの2種類のローンから選択可能です。

 

参考:事業性資金調達におすすめなビジネスローンとは?審査から融資までの流れも徹底解説

 

これ以外にも銀行によってはリフォームローンや女性に特化した融資制度を用意しているところもあるので、気になる方は最寄りの銀行に問い合わせしてみましょう。

 

金利、限度額に返済期間は?銀行ローンの特徴を見てみよう

高金利に悩まされない、そしてブラック感を感じさせない銀行の高貴さ、潔さは、私達利用者の心をガッシリ掴んで離しません。
さてここでは銀行ローンの金利や限度額などの特徴、スペックについて簡単に説明したいと思います。

 

低金利が魅力

銀行のローンは全国津々浦々様々な種類があるので、一言でその金利は言及出来ません。
ここでまず覚えておいて欲しいことがあります。

 

銀行の目的別ローンは、銀行カードローンよりお得な金利で借り入れが可能という点です。
銀行カードローンは銀行が揃えている金融商品の中では、借りやすい部類にあたります。
(それでも審査難易度は消費者金融より高いですが)

 

しかし目的が限定されている金融商品は、高額の融資そして低い金利で借り入れが可能なので、信用情報にキズがない方や勤続歴が長い方は検討する価値は十分あるでしょう。

 

例えば住宅ローンの金利は変動型、固定型でも異なりますが、低いところで1%程。
平均しても約3%程度なので、その金利の低さは金融商品の中でもピカイチです。

 

ブライダルローン、マイカーローンや教育ローンに関しても4〜7%程度で借入れが可能で、返済期間に関してはそれぞれ異なりますが、10〜30年程度となっています。

 

また銀行カードローンは借入れしやすい分、その金利は高く設定されており、約2〜15%前後となっています。
銀行は総量規制対象外になっているので、いくつかに分散する借入れを1本化するおまとめローンとしても利用可能です。

 

10万円〜のカードローンに数千万円の住宅ローンまで

銀行の金融商品の中でも、特にカードローンは人気の商品です。
思いのほか金利が低い銀行カードローンの融資額は、平均的なラインで見てみると、10〜500万円程度となっています。
三井住友銀行などは最大限度額が800万円となっていますが、現実問題800万円の融資を受けている人は稀です。
多くの利用者は100万円以下の小口融資や、200万円前後の融資を受けています。

 

銀行カードローンは消費者金融と異なり1万円からの借り入れ、そして1000円単位での借り入れが出来ない場合が殆どです。

 

またブライダルローン、マイカーローンなどは100〜300万程度の融資額となっています。
追加融資が不可能なフリーローンに関しては、300万程度の借入れが可能です。

 

住宅ローンや教育ローンなど、住宅や高等教育の学費により融資幅が大きくなるローンに関しては、数百万〜1000万円以上の借入れも出来ます。

 

保証人は必要?気になる銀行ローンの利用条件について

消費者金融と異なりニーズに合わせた借入れが出来るのが、銀行ローンのメリットです。
それぞれの金融商品によっても異なりますが、その利用条件について大まかにまとめてみたいと思います。

 

毎月の定収入と勤続歴

当たり前過ぎますが、銀行は特に個々人の安定した収入、そして勤続歴を厳しくチェックします。
消費者金融でも同様ですが、年収の制限こそないものの、最低200万円のラインを切った場合は、融資の可能性はナイと思いましょう。

 

カードローンやフリーローンなどは小口融資も可能ですが、住宅ローンやマイカーローンなどの大口融資の場合は、申込者のスペックが特に厳しく審査されます。
その為アルバイトや派遣社員のような就業スタイルは、大口融資の際には不利になることを覚えておきましょう。

 

保証会社による審査が必須

消費者金融などでは個人情報を参考に仮審査を行い、在籍確認や信用情報の照会の後に行われる本審査の末に、融資の可否が決定されます。

 

しかし銀行の審査は、消費者金融や信販会社など融資のノウハウ、顧客情報を豊富に持つ保証会社による審査を受けることが必須です。
例え銀行側が「この人にお金を貸しても問題なし!」と判断しても、保証会社がNGを出したらTHE END。

 

いくつかの銀行では複数の保証会社の審査を導入していますが、その場合はどちらかの保証審査に通過すれば、融資は可能です。

 

ローンの種類問わず、信用情報は厳しくチェック

どこでお金を借りる場合も必ずチェックされるのが、個々人の借入れ額や返済についての情報です。
日本にはJICC、CICそして全国銀行個人信用情報センターの3信用情報機関が存在しています。

 

通常銀行のローン申込みには3社全てをチェックするので、過去に滞納や遅延があった場合は融資の可能性は絶望的……
銀行ローンの申込みには年収や家族構成だけでなく、他社からの借入れ件数や借入れ額を申告する必要があるので、そこで少し位はと虚偽の申告をしたら一発でアウトです!

 

携帯電話の賦活購入や利用料金の未納や滞納も勿論、信用情報に記載される事項なので、銀行でのローン申込みを考えている方は事前に信用情報機関への情報開示を行いましょう。

 

未成年の借入れNG!ただし専業主婦や年金生活者は一部のローンで融資可能

通常どこの銀行でも明確に年齢制限を設定しています。
バラツキはありますが20歳〜65歳に制限している場合が多いので、未成年者の場合は原則銀行からの借入れは不可能です。
銀行カードローンは消費者金融と異なり総量規制の対象外なので、無職の専業主婦の方の融資も可能な場合もあります。
ただしその場合は配偶者に安定した収入があることが必須で、尚且つ借入れ可能額も少額融資のみです。

 

また収入が年金のみの方の場合は、ゆうちょ銀行の年金受給者専用ローン「したく」のようなローンサービスなどを利用しましょう。

 

参考:ゆうちょ銀行(郵便局)のカードローン「したく」の申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談

 

さあ銀行でお金を借りてみよう!各種ローンの申込み〜融資、必要書類まで

さてここでは、銀行でお金を借りる際に必要な手順、必要書類に関してフォーカスしてみたいと思います。

 

銀行の金融商品の申込み方法と融資時間

銀行によっては自宅にいながら申込み〜融資まで完了出来る、WEB完結方式を導入している銀行もあります。
WEB1本で融資が審査が可能な金融商品はカードローンやフリーローン、マイカーローン、ブライダルローンなどです。

 

住宅ローンの場合は、WEBで申込〜審査を受けることも可能ですが、いくつかの銀行では面談が必要な場合もあります。
対面、WEBによる申込み、それぞれにメリット・デメリットはありますが、返済の長期化そして莫大な融資金額になることも予想されるので、対面で返済計画や利子などの交渉をしたい方は対面での申込みがオススメです。

 

なお審査時間に関してはカードローンやフリーローンに関しては数日から1週間程度ですが、住宅ローンなどは1ヶ月〜2ヶ月程度融資まで時間がかります。

 

銀行で即日融資を期待する方も少なくないと思いますが、なかなか当日、翌日の融資は難しいのが現実なので、急ぎの融資を希望する方はアコムアイフルプロミスなどの消費者金融がオススメです。

 

参考:【消費者金融人気ランキング】審査が早くてすぐに借りれるキャッシング

 

銀行のローン審査って厳しいの?

基本、銀行のローン審査は大変厳しいの一言です。
消費者金融のカードローンの審査突破率が約40%前後ですが、銀行のそれは約20パーセント。

 

カードローン以外の審査に関しても、やはり銀行は簡単に首を縦には振りません。

 

ブライダルローンを例にとると、数百万円規模の借入れをしたとしても、結婚後は何かと物入りです。
引越し資金に子どもが生まれるかも知れない……そんな大イベントが連続する新婚カップルは、返済が滞ることも多く、銀行の融資も慎重になりがち。

 

収入、勤続歴、勤務先に借り入れ状況など総合的にスコアリングして融資の可否を決定しますが、大口融資になればなる程、審査までの時間そして難易度が高くなります。

 

その為目的を限定したローンを申し込むのではなく、審査突破が見えやすいカードローンに絞って申込みをするのも、銀行から借り入れしやすくなる1つのコツと言えますね。

必要書類は各種ローンによって異なる

お金を借入れする為に必ず必要な書類は、

@運転免許証、健康保険証などの本人確認書
現住所と本人確認書類の住所が異なる、または顔写真が付いていない場合は、光熱費の明細等が必要になることもあります。

 

A給与明細、源泉徴収証などの、収入証明
50万円以下のカードローン利用での借入れには必要ありません。
(銀行によって、収入証明が必要になる金額は異なります)

 

B振込、振替をする為の銀行口座
多くの銀行で融資を望む銀行の普通口座を所持していることが、利用条件の1つとなっています。

この3つは最低限必要な書類に当たりますが、例えばマイカーローンやブライダルローンなどに関しては、必要経費の見積書や契約書等が追加で要求されるでしょう。

 

また住宅ローンに関しては必然的に大型融資商品となるため、団体信用生命保険申込書兼告知書、土地の図面、物件のパンフレット、公図、登記簿謄本、売買契約書など様々な書類を要求されます。

 

サラリーマン、個人事業主または会社の役員であるか否かでも、必要書類は異なるので、まずは借入れを考えている銀行に問い合わせることから始めましょう。

 

銀行でお金を借りるメリットと注意点まとめ

ここでは銀行でお金を借りる上で忘れてはならない注意点と、銀行だからこそ享受出来るメリットについてまとめてみたいと思います。

 

銀行でローンを組むメリット

@総量規制によらず借入れが可能
年収の1/3以上の借入れが出来ない総量規制の対象外になるので、高額融資も可能です。

 

A多彩な金融商品を揃えている
ブライダル、教育にマイカーローン様々なローンを目的別に、低金利で借入れ出来るのは銀行ならではのメリットと言えるでしょう。

 

B金利がとにかく低い
各種ローンによって金利は異なりますが1〜15%の幅で、小口〜大口融資を利用出来るので、利用者にとっては利用しやすいローンと言えるでしょう。

 

またローンの種類に限らずお金の専門家に、融資額から返済計画まで事細かにアドバイスを受けることも出来るのも頼もしいですね!

 

銀行でお金を借りる際に注意するべきこと

@融資を望む銀行の普通口座が必要になる場合が多い
全ての銀行、全てのローンに共通している訳ではありませんが、銀行でローンを組む場合は、その銀行の口座が必要になる場合が殆どです。
カードローンなどは少額融資も可能で、しかも迅速な融資が可能な銀行カードローンも多い為、その銀行の口座を持っていない場合、審査〜融資までかなり時間がかかってしまうことも少なくありません。

 

A銀行のカードローン融資が年々厳しくなっている
来るもの拒まずという訳ではありませんが、やはり銀行にとってもカードローンは大きな収入源であることは変わりません。
しかし2017年に金融庁からの、「銀行カードローンの適正化」を図る通達があったこともあり、各銀行ともカードローン融資にはより慎重になりつつあります。

 

例えば多くの銀行で50万円以上、100万円以上の借入れを希望する場合、収入証明の提出が必須になるなど、各銀行それぞれの自主規制が出始めている現実は見過ごせません。

 

B審査が厳しく、ローンによっては保証人・担保が必要
銀行カードローンを申し込む際も保証会社の審査が必須になるのは前述しましたが、特に高額な融資にあたる住宅ローンなどは土地や建物を担保にする必要も出てきます。

 

また保証人が必要なローンの場合、保証会社を利用することも可能ですが、利用料金が高くつくことも頭の片隅に入れましょう。

 

各銀行の金融商品でそれぞれ利用条件は異なりますが、銀行での借り入れは保証会社による審査が必須なので、審査に自信のない方は消費者金融等を利用しましょう。

 

小口融資から住宅ローンまで充実した金融商品!使用使途、返済プランにあったローンを賢く選ぼう!

 

いかがでしたか?
今回はざっくばらんに銀行でお金を借り入れする方法や、その注意点などをまとめてみました。

 

低金利が自慢の銀行だからこそ、その審査は難度が高まりますが、借り入れ額が大きければ大きい程、ローンを組むメリットは高まります。

 

社会的な信用度に、傷のない信用情報は必須ですが、まずはあなたがどれ位お金を借りたいか?
または何の目的でお金を借りたいかを熟考し、気になった銀行の各種ローンを見比べることから始めましょう。

 

審査が不安なら消費者金融がおすすめ

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


銀行でお金を借りる方法

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


銀行でお金を借りる方法

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

銀行でお金を借りる方法

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


銀行でお金を借りる方法


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら

関連ページ

消費者金融でお金を借りる方法
消費者金融でお金を借りることは非常に敷居が低く簡単で審査も通りやすいのが特徴です。急な入用にも短期の借り入れにもお金を借りやすいということはどんな場面でも役に立ちますね。
クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法
クレジットカードには現金を引き出せるキャッシング枠がついている場合がほとんどです。そしてあまりに気軽なため使いすぎてしまう人も多いのですが計画的な利用であればこんなに便利なものはありません。
街金(中小消費者金融)でお金を借りる方法
街金と聞いてイメージがいいと答える方は少ないと思いますが、中小規模の消費者金融を指す言葉であり、れっきとした世紀の金融機関です。闇金とは違いますのでそこは区別をする必要があります。
闇金でお金を借りる方法(騙されないための基礎知識)
借りれない人達がいる限り「闇金」という違法業者はなくならないと思います。弱みに付け込んでお金を貸し、法外な金利で取立てを行うので、絶対に借りてはいけませんし、甘い勧誘に騙されてもいけません。