カードローンの利用条件とは?アルバイトでも利用できるの?

ほとんどの金融機関では、20歳以上で安定した収入があることをカードローンの利用条件としています。

 

そのため、成人で安定した収入があれば、正社員に限らずアルバイトやパート勤務でもカードローンを利用できます。

 

アルバイトで毎月コンスタントに収入を得ているのであれば、収入が多いか少ないかは関係ありません。

 

金融機関は利用者の収入を参考にして融資金額を決定しますので、収入が少なければ融資額は小さくはなりますが、アルバイトだからといってカードローンの利用そのものが制限されるわけではないのです。

 

ただし、アルバイトで安定した収入を得ていても、20歳未満の未成年は原則カードローンを利用することができません。

 

未成年者が法定代理人の同意を得ずに行った契約は、いつでも取り消しができると民法に規定されていることによります。

 

未成年者が結んだ契約は、法定代理人または本人自身のどちらでも取り消すことができ、未成年者が受け取った商品やサービスは現に利益を受けている限度」で返還すればよいとされています。

 

つまり、未成年者がカードローンを利用してお金を借りたとしてもその契約はいつでも取り消すことができますし、もし契約を取り消した時に借りたお金を消費してしまっていれば、使ってしまったお金は返還する義務もありません。

 

そうした契約を結ぶのは金融機関にとって非常にリスクが高くなるという理由で、ほとんどの金融機関では未成年者のカードローン利用を制限しています。

 

未成年者だけでなく、金融機関によってはアルバイトや学生への融資を制限していることもありますので、カードローンの申し込みをする前には事前に借り入れ条件をしっかり確認しておきましょう。

 

参考:消費者金融のカードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?

 

アルバイトがカードローンで借りられる金額はどのくらい?

アルバイトの人がどのくらいの金額を借りられるのかは、それぞれ個人の状況によって異なってきます。

 

例えば、消費者金融のカードローンでは総量規制によって利用限度額は年収の3分の1までに制限されています。
それは正社員であってもアルバイトであっても変わりません。

 

アルバイトで年間200万円の収入を得ている人ならおよそ66万円、年間100万円の収入を得ている人ならおよそ33万円がカードローンで借りられる金額の上限になります。

 

ただし、年収の3分の1の金額までカードローンで借り入れができるというのはあくまで法律上の話であって、実際にその金額を借りることができるかどうかはまた別の問題です。

 

金融機関側から見て、アルバイトは正社員と比べて雇用の安定性の面で信用度は低く位置付けられていますので、正社員と同じ年収を得ていてもアルバイトは利用限度額が正社員よりも低くなる傾向にあります。

 

いずれにしても、初めて利用する金融機関で総量規制の制限いっぱいの融資を受けることは難しいと考えておいた方がよいでしょう。

 

一方、銀行カードローンには総量規制の適用はありませんが、近年は銀行カードローンによる過剰融資が問題点として指摘されてきました。

 

その結果、2017年春に銀行カードローン業界は自主規制に乗り出しました。さらに、2017年9月にいよいよ金融庁が大手行を中心に9月から立ち入り調査に入ることになりました。

 

これまでは、総量規制に縛られず、高額融資が可能であることが銀行カードローンのメリットとして挙げられてきましたが、今後は借入金額も総量規制の制限と同程度に落ち着いていくのではないかと考えられます。

 

必見!アルバイトがカードローン審査に通りやすくなる条件とは?

勤続期間をできるだけ長くしておく

金融機関は、貸したお金をきちんと返済できそうな人に融資をしたいと考えています。

 

例えば、自分がお金を貸す立場なら、同じ勤務先での勤続年数が長い人と頻繁に転職を繰り返す人のどちらが安定した収入を得ていて、またどちらの方がきちんと返済をしてくれそうだと判断しますか?

 

そう考えると勤続年数は長いほど有利だということが理解できると思います。
カードローンの審査では年収の高さよりも収入の安定性が重視されますので、できれば1年以上の勤続年数があるとよいでしょう。

 

社会保険に加入している

勤務先で社会保険に加入していれば、それも審査には有利になります。

 

国民健康保険は無職でも加入できますが、社会保険は勤務日数や勤続期間などの条件をクリアしなければ加入できません。

 

また、社会保険の保険証を見れば会社の規模や身元などが分かりますので、国民健康保険と比べて信用度は飛躍的に高くなります。

 

借入希望金額はできるだけ小さく申請する

アルバイトでの収入は正社員と比べて高収入にはなりにくいです。

 

自分の収入に対して高額の希望金額を申請すると、自分の属性とのバランスを考えられない人だと思われてしまいます。

 

総量規制を念頭に置いて収入に見合った金額内で必要な金額だけを申請するのがよいでしょう。

 

他社からの借り入れはできればない方がよい

アルバイトは借りられる金額も低めに設定されています。

 

消費者金融で借入がある人が別の消費者金融でカードローンに申し込みをすれば、総量規制に抵触しないかどうかの確認が行われますので、他社からの借り入れがあれば当然審査に影響します。

 

金融機関では常に貸し倒れリスクの回避を念頭に置いて融資を行っていますので、他社からの借り入れがあれば融資に慎重になるのは当然でしょう。

 

これは NG! カードローンの審査で注意したいことあれこれ

過去に金融事故を起こしていると審査に通らない

金融事故を起こしてから日が浅ければ、カードローンに申し込みをしても審査に通ることはないでしょう。

 

金融事故を起こすと個人信用情報機関のブラックリストに事故情報が掲載され、その情報は5年間から10年間は削除されることがありません。

 

その期間を経てブラックリストから情報が削除されればまたカードローンを利用することは可能ですが、以前利用していた金融機関には社内に事故情報が残っているはずですので、恐らく審査に通過する見込みは低いでしょう。

 

もしお金を借りるなら、別の金融機関のカードローンを利用することをお勧めします。

 

絶対虚偽の申告をしない

カードローンの申し込みをする際には絶対に虚偽の申告をしてはいけません。

 

例えば年収、勤続年数、他社からの借り入れ状況など、自分の属性をよく見せようとして虚偽の申告をしても、個人信用情報機関に問い合わせをすればそれら虚偽の申告は必ずバレてしまうものです。

 

申告した情報が虚偽だったことがわかれば、金融機関はあなたのことを信用できなくなってしまいます。

 

カードローンは利用者の信用に基づいて融資を行いますので、その信用に傷をつけてしまえば、融資は難しいものになるでしょう。

 

同時申し込みは避ける

複数の金融機関のカードローンに同時に申し込みを行うのは避けたいものです。

 

カードローンに申し込みをした事実はリアルタイムで個人信用情報に登録されます。

 

もし複数のカードローンに同時申し込みをすると、審査の際に金融機関が個人信用情報機関に問い合わせをすれば申込者が複数のカードローンに申し込みしていることを把握します。

 

金融機関が他社への複数の申し込みを把握すれば、非常にお金に困っている人という印象を持つでしょう。
金銭的に非常に困窮している人が、果たしてきちんと返済をしてくれるのかどうか疑問を抱く原因になってしまいます。

これらはいずれもカードローンの申し込みにおいて不利になる事柄です。
こうしたことはできるだけ避けて申し込みを行ってください。

 

アルバイトでも賢くカードローンを利用するために心がけたいこと

借入は必要最低限にする

カードローンの特徴はとても手軽に借り入れができることです。
まるでキャッシュカードを利用して自分の口座からお金を下すような感覚でお金を借りられます。

 

しかし、引き出すお金はあなたのお金ではなく借金であることを忘れないようにしましょう。

 

借りたお金を使ってしまうのは一瞬ですが、それを返済するには長い期間を必要とし、完済までに時間がかかるほど利息の負担も大きくなってしまいます。

 

安易に借金をすることは避け、どうしても必要な金額以外は借り入れをしないようにすることが大切です。

 

最初の借り入れを完済する前に次の借り入れをしない

はじめに借り入れをしたお金を完済するまでは、絶対に新しく借り入れをしないようにしましょう。

 

カードローンは返済することによって利用限度額の枠内に空きが出てきます。
一部返済することによって利用枠に空きができると、またこれだけ借りられるのだという気持ちになってしまいますが、これがカードローンの落とし穴なのです。

 

最初の借り入れを完済しないうちに次の借り入れをするのは借金が大きく増えてしまう一番の原因です。

どうしても必要な時に必要な金額だけを借り入れ、計画を立てて確実に返済するのがカードローンの賢い利用方法だといえます。

 

使い方を誤らないように注意しながら、カードローンを上手に活用していきましょう。

 

アコム

30日間無利息サービス実施しているアコムは、ネットで申し込めば来店不要。平日14:30までに申し込みが完了すると即日融資が可能です。


もし時間が過ぎてしまったり土日祝日に急遽お金が必要になってしまった場合には、全国どこにでもある自動契約機「むじんくん」を利用すれば、最短30分でお金を借りることができます。


初回限定ですが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定した場合には、平日18時までに手続きが完了すれば即日融資が可能です。


さらにアコムでは、カード審査に通過するとクレジット機能が付いたACマスターカードも一緒に作ることができるので、今までクレカが作れなかった方や今すぐクレカが欲しい方の強い味方です。


アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準

アコムの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アイフル

初回利用でも1,000円から借りられることから、キャッシング初心者でも安心して利用できると評判のアイフル。
手続きは全てネットで完了できるので、来店不要で即日融資を受けることができます。


無人契約でんわBOX「てまいらず」なら9:00〜21:00まで利用でき、電話するだけでその場でカード発行をしてくれます。


PC・スマホ限定サービスとしてカードのお届け時間を選べる「配達時間えらべーる」を実施中で、確実にカードを受け取ることができ安心です。


アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準

アイフルの口コミを確認してから借りたい方はこちら

プロミス

アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準

瞬フリ」サービスの利用なら、24時間365日、審査は最短30分、最短10秒(※平日14時までに契約完了していれば最短10秒で振込み可能)で指定口座に振込が完了します。


駅前に必ずある自動契約機や店頭なら土日・祝日・夜間(21時まで)も、最短1時間でカード発行前でも即日融資が可能。急な出費にも迅速に対応してくれます。


初回限定の30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)や女性専用キャッシングなど、利用者にはうれしいサービスを実施しているのもプロミスの特徴です。


アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準


▼女性オペレーターが希望の方はこちら▼

プロミスレディース

プロミスの口コミを確認してから借りたい方はこちら

アルバイトでも使えるカードローンはある? 知って安心カードローンの審査基準

関連ページ

初めてお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめな理由
はじめてお金を借りる場合、何処で借りたらいいのか、返済はちゃんとできるのか、誰かにバレたらどうしよう。など色々不安になることも多いと思います。そんな方に初めて借りる時の心構えをお伝えします。
カードなし!WEB完結!家から出ずに即日融資可能!
今日中にお金が必要!でもそんなピンチに限って外に出てる余裕もない。そんな時はWEB完結でカード発行も必要としないカードローンがおすすめです。
今日中にお金が借りたい!そんな人でも安心の即日融資カードローンとは?
急な出費でお金が必要…!そんなときはカードローンに頼らなければならないことがあると思います。今日中にお金が借りたい時に即日融資が可能なカードローンについて。
消費者金融のカードローンが重視する審査基準!どんな属性が審査に通りやすい?
金融機関からお金を借りるという行為には必ず審査がついて回ります。できるだけ通りやすいところを探すのもいいですがカードローンの審査基準を理解して通りやすい属性に自分を引き上げるのが近道です。
正社員だとカードローンの審査に通りやすい? 契約社員や派遣社員は?
以前の消費者金融やキャッシングは「サラ金」と呼ばれて、サラリーマンを対象にした無担保融資で、「厳しい取り立てをする」という悪いイメージがありましたが、最近では消費者金融に対してイメージが良くなっていて、サラリーマンだけではなく公務員や自営業者、そしてアルバイトなど、様々な人が利用するようになっています。ですが、・・・
自営業者がカードローンでお金を借りるには?収入証明がキモ
自営業者はカードローンなどの審査に通りにくいと言うのが定説です。とはいえお金が必要になる場面が発生するのは会社員も自営業も同じです。審査に通るためにはどうすればいいかを解説していきます。
学生でもお金が必要になったらカードローンは作れるの?
学生だってお金に困ることは多々あります。遊びすぎることもあるでしょうし、学校の勉強以外に学びたいことができたけど、親にこれ以上仕送りを頼めないなど、そんなとき学生でも借りれるカードローンが強い味方になります。
学生でも作ることができると評判!楽天カードはなぜ学生でもOKなのか?
楽天カードといえばパンダバージョンのCMでもお馴染みですよね。楽天市場でも便利な楽天カードは学生でも作ることができるのか。気になる学生は要チェック!
個人再生はCICに掲載される!期間や開示方法などを解説
個人再生をすると指定信用情報機関のCICに登録されます。登録される期間や必要な時に覚えておきたい開示方法などを解説。
カードローンを借りる時に保証人は必要? 担保が必要か解説
ローンを組む時に保証人が必要になるケースがあります。ただ、お金を借りる時は誰にも知られたくないということがありますよね。そんな人が知っておきたいカードローンの保証人について。
カードローンを申し込んだ際に行われる本人確認に関する注意点
カードローンを申し込むと必ず本人確認が行われます。しかし、職場や家族に知られたくないという理由で本人確認を省きたいという方も少なくありません。申し込み前に知っておきたい本人確認について。
土日・祝日でも借り入れができるカードローンはどこ?
手元にお金がないのに、土日に急にお金が必要になった…そんな時はカードローンに頼るのもひとつの手です。しかし、土日でも借り入れできるものなの?そんな疑問にお答えします。
おまとめローンで損をすることがある!知っておきたい注意点について
おまとめローンというと複数の借入を一本化する方法としてメジャーですが、単純に複数借金があるからといって安易に利用するのはオススメしません。おまとめローン利用前に知っておきたい注意点について。
カードローンの申し込み時に限度額はどのように決まるのか
カードローンは借入ができる上限額が設定されていますが、初めて申し込む際に限度額はどのように決まるのか気になりますよね。いくら借りられるか利用する前に知っておきたい方はこちら。
カードローンで借りたお金を一括返済できるならしたほうがいい理由とは?
カードローンの返済方法は基本的には残高スライド方式で毎月一定額を返済していくものです。しかし、もし返せるのであれば一括で返済をしてしまった方がいいです。その理由とは?
多重債務の入り口!リボ払いの危険性とは?
リボ払いは上手に利用すれば毎月の返済負担を軽減するのにもってこいな方法ですが、負担がかるすぎて気がつくと大きな金額の借金を抱えているパターンも非常に多く注意が必要です。
カードローンの最低金利で借入することは可能?年利のカラクリについて
カードローンは各会社ごとに上限金利と下限金利が決められています。できれば0.1%でも低い金利で借りたいところですが、金利はどのように決定しているのでしょうか。金利のカラクリについて徹底解説。
最速で利用ができる!三井住友銀行カードローンの強みはコレ!
みずほ銀行のカードローン、審査は厳しい?通らない原因は?
審査なし?超低金利?そんなキャッシングに要注意!そのカードローン闇金ですよ
審査なしでキャッシング、超低金利でキャッシング。こんな誘いや広告を見ても申し込んではいけません。
誰にも相談できないお金の悩みの解決方法
お金の悩みってなかなか人には相談しにくいものです。誰にも相談できないでいると気付いたら手遅れになる場合もあります。状況別に解決方法を探っていきましょう。
消費者金融の金利はなぜ銀行より高いのか?資金調達先に理由あり
カードローンを選ぶための比較軸!審査・金利・限度額・サービスあなたはどれを軸に見る?
カードローンでお金を借りる際に選ぶのに困るほど多くのローン商品が存在します。だからといってなんとなく決めてしまってはいけません。自分の目的に合わせて3つの比較軸でベストな選択をしてください。